個人再生は借金から立ち直るための一つの有効手段【費用もチェック】

HOME>レポート>個人再生とは何かかかる費用も含めて知る【借金の負担は大きな問題】

個人再生とは何かかかる費用も含めて知る【借金の負担は大きな問題】

紙幣

弁護士は誠実さ第一

お金が足りずに生活が苦しい、これは誰もがなり得る問題でもあります。借金は返さなくてはならないものですが、どうしても返せない時には個人再生を利用するのも手です。弁護士を経由して裁判所に申告を行い、借金を5分の1ほどに減額するという仕組みです。個人再生のことは周りに相談しにくいため、相談相手に向く弁護士の選び方を覚えておくと、もしもの時は頼りになります。選ぶ時に注意するのは大きく二つ、誠実さと金銭関係の分野が得意かです。話しにくいことを話すのだから、対応の良さは必須条件です。費用のことなど聞きにくいことも話しやすい雰囲気の人が好ましいです。相談費用は弁護士ごとに違うため、どのくらいかをごまかすような人は相談相手には向きません。金銭問題が得意分野であれば、手続きの進行にも信用が置けます。お金のトラブルに精通しており、かつ自分に理解を示してくれる人が理想と言えます。

貯金箱

負担が軽くなる

個人再生は、借金にまみれた人の救済処置の一つです。大きなメリットは、家や車といった財産を手放さずに負担を減らせることです。負債を抱えた人が長期的に返済を滞納した場合、債権者に財産を差し押さえられることがあります。個人再生の手続きを行えば、その時点で取り立てや差し押さえができなくなります。負債が減るだけでなく、精神的にも解放されます。借金の額や債権者の数で費用が変わらないことも特徴です。費用は相談料のほかには印紙代や経費だけで、他の要素は含まれません。ただ、住宅ローンを組んでいる場合は、若干相談料が高くなります。支払いは分割払いですることもでき、いきなり大きな負担がかかるということもありません。法務機関を通じて、負担を最小限に抑えて生活をやり直せるわけです。

広告募集中