弁護士と司法書士どちらがお得?〜自己破産の費用を節約する方法〜

HOME>info>自己破産の費用の目安は?〜お得に成立させるヒント〜

お金をかけずにすむのは?

自己破産にかかる費用を少しでも安くしたいなら、自分で手続きをするのが最も安上がりになると思われる人は多いでしょう。しかし、自己破産の種類によっては弁護士や司法書士に依頼した方が有利な結果になる場合もありますので、実は一概にはいえないのです。また、自分で専門的な書類を作成したり、裁判官に会ったり手間も時間もかかって大変な作業になるといえるでしょう。まずは専門家に相談してみることをおすすめします。

自己破産手続きで必要になる費用

  • 予納金 10000円〜500000円
  • 収入印紙代 1500円
  • 予納郵便代 3000円〜15000円
  • 弁護士や司法書士など専門家への費用

債務整理について

自己破産は、債務整理の中でも最終手段だといわれています。任意整理や個人再生など他の手段もありますので、しっかりと検討した上で決定するようにします。また借金によっては時効の援用によって返済義務を消失させることも可能です。それぞれ諸条件が合うなら、手続きを進めていくようにしたいものです。

借金のお悩みQ&A

LAW

任意整理の利点は?

手続きが完了すれば、以降の利息を支払う必要がなくなることがほとんどです。債権者の一部だけの手続きを選ぶこともできますし、裁判所を通さないことで負担を軽減することが可能です。

個人再生の費用は?

弁護士などに依頼すると約50万円前後が目安となります。自分で申し立てをする場合する場合は、個人再生委員への報酬を含んでも20万円から30万円前後となるでしょう。

弁護士と司法書士の違いは?

弁護士は代理人として裁判所の申し立てを代行できますが、司法書士は代理権がないため、依頼内容が制限されることになります。ほかにも司法書士は個人再生委員との面談において発言が認められないという特徴があります。

自己破産の費用の目安は?〜お得に成立させるヒント〜

相談

しっかりジャッジ!

自己破産をきちんと成立させるためには、適切なステップを踏む必要があります。そのサポートをしてくれるのが司法書士や弁護士です。依頼内容が制限される分、弁護士よりも司法書士の方が費用は10万円程度安くすむといわれています。いずれにせよ、スピーディーに確実に成立を実現してくれるるための専門家に依頼することが大切になりますので、実績が豊富で経験豊かな事務所を選んでいくといいでしょう。

広告募集中