スッキリ円満離婚を目指して弁護士に相談しよう

相談

頼れるミカタ!

人生は山あり谷ありですが、ときには弁護士の力を借りて解決を模索しなくてはいけないシチュエーションも出てきます。とくに離婚ではお金や子供のことを巡って争いになることが多いですので、なるべく早く弁護士に相談して未然にトラブルを回避していくようにしましょう。

男性

お金の問題

配偶者と揉める要素としては、お金の問題があります。財産分与や慰謝料の問題です。とくに慰謝料請求された場合は、慌てずに弁護士を通して交渉に応じてもらうようにしましょう。過去の裁判の判例をもとに適切な金額を出してくれますし、示談や和解がスムーズに進むことが期待できます。また、不倫など第三者がいることが原因の場合は、できるだけ公にならないように問題解決をしていきたいものです。なるべく裁判に発展しないように、交渉力が高く信頼できる弁護士に依頼することが大切になってくるでしょう。

男性

親権

配偶者間の話し合いで最も決裂しやすくなるのが親権といえるでしょう。離婚調停や裁判で争われることになりますが、子供の立場からすれば、両親が親権で争う姿はとくに見たくないといえます。争いが長引くことなく子供にとってベストな決断をしていくことを大切に考えましょう。そのためには、早めに弁護士を立ててプロの意見を聞きながら協議書を作成するなど対策をしていくようにしたいものです。

相談

不動産の悩みも解決!

また、離婚だけではなく日常のあらゆる問題事を弁護士に相談することが可能です。とくに相談件数が多いのが、不動産に関するものです。相続を巡って骨肉の争いに発展することも珍しくありません。法的な知識や問題解決のノウハウをもつ弁護士に頼ることで、親族同士のいざこざもスッキリと解消されることが期待できるでしょう。

男女

行政書士に相談するのもあり!

ただ、弁護士費用はやはり高額になります。相談だけでも一時間一万円はかかってくることになるでしょう。着手金だけでも、10万円、20万円とかかってくる世界です。そこで少しでも予算を抑えたい場合は、行政書士に相談するのも賢い方法です。もちろん相談内容にもよりますが、書類を作成することがメインの依頼であれば、行政書士に頼んだ方が安くなるはずです。

問題解決のスペシャリストに相談するための心得を紹介!

相談

違いを知って検討しよう

借金問題に悩む人は大勢いますが、専門家のサポートで道が切り拓かれる事例もたくさんあります。依頼内容によって相談先をチェンジするのがポイントになるでしょう。詳しくはこちらのページでチェックしてみてくださいね。

詳しくはこちら

[PR]
会社設立なら東京がオススメ
ポイントを確認しておこう

[PR]
アポスティーユ申請代行
手続きがスムーズなのでラクラク!

広告募集中